機能性ホームページとは?

機能性ホームページ

企業側もそのお客様も幸せになるホームページ

一般的なホームページは、ホームページを運営する企業のWeb版会社案内としての役割を担っています。その為、会社が伝えたい事を一方的に発信すると言う目的がメインになっております。その為、よくある機能としては、ユーザーからお問い合わせを受けるくらいしかありません。

ただ、実際にはそれだけでは十分でなく、ユーザーの本当に求めているニーズを満たしているとは限りません。

機能性ホームページは、Webと相性が良い新しい技術・サービス(IoT、リアルタイム、双方向Web、AI)と組み合わせる事で、他のホームページと差別化を図るだけでなく、ホームページの運営者とそのお客様の両方がハッピーになる事を目指しています。

具体的にどんな事が出来るの?

飲食店様の場合

飲食店でお客様の満足度に影響があるのが、料理の味や接客はもちろんですが、待ち時間も重要な要素だったりします。

大手企業の中には、この問題を解決する為に、多額の投資をして、待ち時間の管理や予約システムなどを自社開発していまが、小規模の飲食店様にはなかなか難しいところだと思います。

弊社のノウハウを活かせば、来店されるお客様がホームページから順番待ちを登録したり、ほぼリアルタイムの待ち時間をホームページで確認出来る機能を、比較的低コストで実現が可能です。

カラオケボックスなど個室を管理しているお客様

カラオケの様に個室単位のサービスを提供している企業様はもちろんの事、飲食店でも個室の需要は沢山あります。

IoTの技術と組み合わせる事で、ホームページに個室の空き状況をリアルタイムで表示させる事ができます。これにより、カラオケや、居酒屋の個室の空を探しているユーザーにアプローチする事が出来ます。

また、今までなら毎回個室の空き状況を人の手で更新する手間が発生しますが、各個室にセンサーを付けて、インターネットに繋ぐ事で運営側の手間も最小限に抑える事が出来、両方ともウィンウィンの関係を持つことが出来ます。

今もこれからもホームページに求められている事は?

お客様にとって本当に価値のある情報を伝えるサイト

そう。それは「今」どんな状態か?と言う事

お客様が求める情報ニーズは多義に渡りますが、多くのお客様が必要としている情報。それは、「今」についての情報です。

今までのホームページは、リアルタイムと言う言葉とはかけ離れていました。仮に、リアルタイムを追求すると、情報の更新作業に多くのコスト・手間をかける必要がありました。

近年、技術革新が進み、機能性ホームページの作成コストと、運用コストを抑える事が出来る様になりました。

これにより、多くのお客様にとって価値のある「今」についての情報も低コストで提供出来、満足度を高める事が出来ます。

リアルタイムな情報