マーケティング・オートメーション導入の成功を考える

categoryMAコラム

マーケティング・オートメーション導入の成功を考える


本日は、「マーケティング・オートメーション導入の成功を考える」というテーマでコラムを書いていきたいと思います。

 

「MA導入の成功」を考えるきっかけ

先日、「Mautic Meet Up Nagoya」と言うMAツール「Mautic」のコミュニティで、登壇と言いますか、お話しをさせて頂いた時のテーマが「マーケティング・オートメーション導入の成功を考える」でした。

このテーマを「Mautic Meet Up Nagoya」で発表する際に、スライドが必要で、そのスライドを作成する為に、スライドに何を掲載し、何を話すか考えたり、本やネットで調べる事で、「MA導入の成功」ついて、より深く考える切っ掛けになりました。

 

成功には「成功の定義」が必要

まず、当たり前ですが、成功には、「成功の定義」が必要です。それがないと、何が成功かなんて判断できませんから。

例えば、「信号無視」は、「青がススメ、赤が止まれ」明確なルールがあり、そこに信号があるから発生します。信号がない道路やルールがなければ、「信号無視」などは起こりえません。

前置きは置いておいて、この成功をどのように定義するかが大切です。

そして、いろいろ考えた結果、

「成功=目的の達成」と定義しました。

 

マーケティング・オートメーション導入の目的は?

成功を目的の達成と定義した場合、次に考えなければ行けないのは、「導入の目的」です。

「目的」に関しては、会社によって事情も違う為、「これがMA導入の目的だ」と言う「正解」は無いと思います。

強いて言うならば、「売上アップ(営業機会・販売機会の創出)」は、どの会社にも当てはまるかもしれません。もしくは、「経費削減(効率、生産性アップ)」かもしれません。

ただ、この目的だけで、MAの導入を進めるのは、あまり良いとは思いません。

 

MA導入の成功を考えると「2つの理由」が必要

私は、MA導入の成功を考える上で、「2つの理由」が必要だと思いました。

それは、以下の2つです。

  • マーケティング・オートメーションを導入する理由(それをする理由)
  • マーケティング・オートメーションである理由(それである理由)

「MAを導入する理由=MAの導入目的」を考える事はよくありますが、それがMAである理由を考える人は少ないと思います。

MA導入の成功には、「導入目的」は当然ながら「MAである理由(必要性)」がとても大きく影響していると思います。

 

「MAである理由(必要性)」が重要な理由

それは、世の中には「売上アップ」「経費削減」を実現する為の手段が沢山あるという事。

そしてその中には、MAの導入よりも低コストで、簡単に実現出来てしまう手段があると言う事です。

要するに、売上アップを目的にした場合、MAの導入でなくても、「広告を出す」「SEO対策をする」「SNSで拡散する」「新商品を出す」と言った手段が考えられるからです。

売上が上がらない理由が、商品の露出が少ないのだったら、「広告を出して認知度を上げる」事が一番に検討されるべきで、この時、「MAの導入」と言う選択肢は、ほとんど効果が無いといえるでしょう。

 

成功の定義について再考する

もう一度、成功の定義について考えてみます。最初に、「成功=目的の達成」と定義しました。

最初に自分で定義してなんですが、いろいろ考えを深めていく過程で、この成功の定義は少し不十分だと思う様になりました。

一体何が不十分だと思ったのか?

それは、「お金」と「時間」の概念が抜けているのでは?と言う事です。

 

「目的達成」「時間」「お金」全てを満たせば成功

「目的達成=成功」では不十分なのは、以下の理由からです。

例えば、MA導入の目的・目標を「売上1億アップ」として、その目的達成に、5,000万の費用と5年の歳月がかかったとします。

確かに目的・目標は達成していますが、この状態で、お客様に

「目的・目標達成しました。MA導入成功ですね。」

と言えますか?と言う事です。

 

MA導入の成功を考えるのまとめ

マーケティング・オートメーション導入の成功について、答えのない持論を繰り広げてまいりましたが、

最終的には、お客様に満足・納得して頂ければ成功

だと思います。

「MAを導入する事で、〇〇と言う目的が達成できます。」その為に、「〇〇の費用」と「〇〇の期間」がかかる予定です。いかがですか?

こう伺って、お客様が納得して頂き、想定以上の目標が達成出た。もしくは、想定以下のコストや期間で目標を達成出来た。

これが、「MA導入の成功」と言えるのではないでしょうか。

 

以上「マーケティング・オートメーション導入の成功を考える」をご紹介しました。